2015年08月16日

VBA の暗黙オブジェクトを Visual Studio で使う方法

VBA では Application や ActiveWindow など暗黙的に用意されているオブジェクトへの参照がいくつかあります。

Visual Studio で開発する場合は以下のようにします。
2015_03_02.png

リボンに用意されている Globals.ThisAddIn.Application を使って ActiveWindow や ActivePage などにアクセスします。少し記述量が増えるかも知れませんが慣れておきましょう。

ソースコード
VisioAddIn1.zip
ラベル:Visual Studio VSTO
posted by visGeek at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | Visioカスタマイズ例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック