2015年08月30日

Visio プログラミングのやり方がわからないときのヒント

ドキュメントに四角形を配置したいけどどうしたらわからない、そんなときにはどうしたらいいでしょうか。

そんなときには操作を記録してマクロを作ってみるといいでしょう。

まず以下の方法で Visio を開発モードにします。
リボンの「ファイル」タブ →「オプション」→「詳細設定」→「開発モードで実行する」をチェック。
これでリボンに「開発」というタブが表示されます。

次に操作を記録します。
「開発」タブ →「マクロの記録」
→ 「マクロの記録」ダイアログボックスで任意のマクロ名を指定
→ マクロの保存先を指定(「作業中の図面」でいいでしょう。)
→ 「OK」ボタン

記録が始まりました。この状態で以下のように操作します。
図面に四角形を配置する。 → リボンの「開発」の「記録終了」をクリック。

これで操作を記録することができたのでリボン「開発」タブの「Visal Basic」をクリックして内容を確認してみましょう。
2015_04_01.png


Application.ActiveWindow.Page.DrawRectangle 0.708661, 11.023622, 2.362205, 10.23622

この部分が四角形を配置している部分です。
現在表示されているページに四角形を配置するという内容になってますね。
あとは作成したい機能に合わせて数値などを変更します。

このテクニックは VBA による開発でも Visual Studio による開発でも使えるテクニックです。
ラベル:Visual Studio VSTO VBA
posted by visGeek at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Visioカスタマイズ例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック