2016年04月28日

Visual Studio で Visio アドインを作る

Visual Studio で Visio アドインを開発してみましょう。
同じ方法で Excel などの他の Office 製品のアドインも開発できます。

■Visual Studio をインストールします。
個人の場合は Visual Studio Community を利用できます。
ライセンス条項をよく確認してください。

Visual Studio Community
https://www.visualstudio.com/ja-jp/products/visual-studio-community-vs.aspx

MICROSOFT VISUAL STUDIO COMMUNITY 2015
マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項
https://www.visualstudio.com/support/legal/mt171547

■続いて Office Developer Tools (VSTO) をインストールします。
Visual Studio の Enterprise エディションではこの作業は必要ありません。
https://www.visualstudio.com/ja-jp/features/office-tools-vs.aspx

■Visual Studio を起動して、新しいプロジェクトを作成します。
新しいプロジェクト作成で Visio のアドインを選択します。
20160428_01.gif

■リボンを作成します。
ソリューションエクスプローラーのプロジェクトアイコンを右クリック
→ [追加(D)] → [新しい項目(W)]
20160428_02.gif

リボンを追加します。
20160428_07.gif

■リボンにボタンを追加します。
リボンのビジュアルデザイナーを表示します。
20160428_03.gif

ツールボックスから[Button]をドラッグ&ドロップドロップします。
ボタンが作成されたらこれをダブルクリックします。
これでイベントハンドラーが作成されます。
20160428_04.gif

■イベントハンドラーにコードを記述します。
イベントハンドラーに、図面の名称を表示するコードを記述します。
続いて Visual Studio の[実行]ボタンをクリックします。これで Visio が起動されます。
20160428_05.gif

■リボンからプログラムを実行します。
新規の図面を開いたあとに作成したリボンを表示してボタンをクリックします。
20160428_06.gif
posted by visGeek at 05:58| Comment(0) | TrackBack(0) | アドイン開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/437290221

この記事へのトラックバック